もうちょっとのんびり生きようっと。魅力的なコンサルタントになって、みんなを幸せにしたいです。
ぶろぐろぶを超えろ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
グラシアス・メキシコ!
2006-03-17-Fri  CATEGORY: 未分類
棚ぼたキター!!

ということで、辛くも準決勝進出ですよ!
メキシコさんに感謝しなきゃね!

しかし、WBCの結果的に、各国に実力の差が実は
あまりなかったことが露呈したな。

アメリカ>日本>韓国>台湾

的なイメージがあったけど、アメリカが落ちて、韓国
が6連勝で、日本と韓国が準決勝なんて、かなり予想外でしょう!

アメリカが落ちるなんて予想している人は少なかったはず。

しかし、WBCのルールの曖昧さも露呈しました。

メキシコ戦においてもボブが再びアメリカ優位の判定!
一回だけなら、よく見えなかったですむけど、今度のは
ひどすぎる!

ポールにあたって返ってきたボールがホームランじゃないとか
ありえないでしょ!?こいつは確信犯だね。

ていうか、アメリカ優位に二次リーグを組み立てて、アメリカ優位
の判定までして、それでいてアメリカが落ちるということで、
アメリカ国内ではどうなってるんだろう?プライドがずたぼろですね。

まあ、日本が韓国に3縦くらったら、それはそれでプライドずたぼろですが。。。。

勝ってくれ!!!!
福留を青木か和田にしてくれ!!
パクチョンホを崩してくれ!!

3度目の正直か。。。。
二度あることは3度までか。。。。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント6
韓国の勢い勝ち
2006-03-17-Fri  CATEGORY: 未分類
負けた~。昨日は2点取られた瞬間に悔しすぎてむかついたわ~
6連勝の韓国の勢いはすごい!アメリカにまで勝ってきたらもう、
やばいよね。

それに比べて、日本の結果は結局、中国、台湾、メキシコの3カ国
に買っただけ、そのうち実力があると言われるのはメキシコのみ、
あとは韓国、アメリカ、韓国と負けに負けたわけで、どれも勝ちそう
なところまでいっておいて、負けた。

勝ち運に見放されているとしか思えない。

ていうか、

王監督には勝ち運がないと思うのは俺だけだろうか?

パのプレーオフになるとうなだれている王監督ばかりが思い浮かぶ
2年連続のパリーグ一位にして、プレーオフ敗退。おしいところまで
いって、結局最後は勝てない。この男には運がないちゃうだろうか?

あと、采配でも納得がいかない点もあった。正直、最後は藤川はない
だろうと思った。あいつは大舞台だめだろ。去年の日本シリーズ、アメリカ戦、ことごとく失敗。実力があるけど、経験がない。アメリカ戦でケングリフィーをうちとったが、ただ単に打ち気がはやって、ボール球を空振りしていただけで、振ってなければフォアボール。

なんで、あそこで出すんだろうと思った。ていうか出てきた瞬間に負ける気がしたわ。大塚あたりだせよ。切羽詰ってるんだから。

もはやアジアナンバーワンとかほざいてられないのかな。総合力では日本の方が強いと思うけど、トップクラスのピッチャーだと韓国と日本に差がないから、接線になるんだろうな。その点で、日本はチャンスにぜんぜん打てない買ったからな。松中とか4番にいてもあんまりうれしくないし、福留とかなんでずっと使ってたのかがまったくわからん。青木出せよ。200本安打だぞ。さっさと福留なんて交代だろ。

王監督は控え選手の使い方に問題があったんじゃないだろうかね?短期決戦は調子悪い選手はさっさと切るべきでしょう。少なくとも福留は日本打線のブレーキだったんだから、レギュラーはない。

今度は監督としての実力に加えて、『運』のある監督を選んでほしい。王監督は、ここ数年で負けて悔しがってる姿がいたについてきてしまったよ。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
WBCアメリカ×日本。デキレース・・・
2006-03-13-Mon  CATEGORY: 未分類
今日は朝5時に起きた。なんていったって、6時から日本対アメリカ戦があるからだ。楽しみすぎるので、起きてしまいました。日米対抗を今まで2年に一度やってたけど、かなりお楽しみっぽくて、真剣勝負ではなかった。今日のは初めての真剣勝負!

でも、正直不安だった。いきなり大量点をとられて勝負にならなかったらどうしよう・・・

しかし、どうだろう。イチローのHRから始まって、日本が主導権をとったじゃありませんか!野球は流れが全て!その流れをものにした感じだ。

正直、上原はがんばってたけど、危うい場面もかなりあった。球数も重なっていた。でも、守備がよかった。小笠原と川崎のファインプレーに助けられた。ジータやA・ロッドからダブルプレーを取るなどたいしたものだ。5回まで良く投げきった。

変わった清水はあまり良くなかったため、同点ホームランを打たれてしまった。だけど、試合を壊されるまでにはいたらなかった。逆にアメリカのストッパー級の投手が意外にももろい面を見せた。だが、日本も後一本というところで残留を重ねる。この辺で打ってたら、楽に勝ってたかもと思える場面も多い。

救援陣は薮田が特によかった。A・ロッドの三振の場面と8回の投球は一級品。メジャーでも通用するのではと思う。

思ったのは、野球ってこんなに「おもしろいんだ」ってこと。

プロ野球の低迷で、俺もあまり野球を見なくなっていた。2001年のヤクルト優勝が最後かな。球状にまで足を運んで応援したのは。それ以降はなんかつまらなかった。

でも、どうだろう?最初は物議を言ってた、WBCはおもしろい!

韓国戦に負けたときのあの悔しさ。

アメリカのサヨナラ勝ちに対する不満。

とくに今日のアメリカ戦は、見逃せる場面がひとつもないくらい、全てにおいて興奮した。

西岡がアウトにされた8回裏のジャッジは、アンパイアを殴ってやりたいくらい興奮したw

まあ、あの8回表のジャッジのせいで、この名勝負が、迷勝負にされてしまったという台無しとなってしまった・・・・・

もはや、WBCなどアメリカが世界一であることを名実共に決定付けるためのデキレースなのかもしれないというようなジャッジメントだ。

あんな判定でガッツポーズをとるアメリカの監督も終わっている。映像で何度見ても普通にスタートしている。西岡はよくやった。別にあせってもいなかった。

あれで、全てが変わった。

完全にアメリカに流れが移った。野球は流れが全てだ。9回裏サヨナラ負け。8回表終了時に脳裏に浮かんだ。そんな予測を打ち破ってほしいと、9回の田村に祈りをたくす。。。。三振

そして、最後、正直いって藪田を9回までいかせてほしかったというのが俺の意見だ。出てきたのは藤川。実力はある。しかし、経験の問題がありそうな気がした。で、予測どうり、現実もサヨナラだった。倒れる西岡と川崎が試合を象徴している。

総括すれば、すげえ、おもしろい試合だった。日本ナインはかっこよかった。がんばった。一生懸命なのがすげ~伝わってきた。

ただ、その分、不満もワールド級にたまっている。

言えるのは

アメリカはやっぱり実力と卑怯を兼ね備えた国だってこと。

ソルトレイク五輪でのジャッジ。

今回のジャッジ。

アメリカ本土で開催される大会には、どこかでアメリカびいきが行われて、話題になる。

そこまでして勝ちたいアメリカって。。。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
ブレトンウッズからブレトンウッズMARK2へ
2006-03-07-Tue  CATEGORY: 未分類
『ブレトンウッズMARKⅡ』というのがアメリカでは使われているらしい。

ブレトンウッズ体制といえば、第二次世界大戦後の金ドル兌換性を基礎としてIMFと世銀を有した体制。しかし、ニクソンショックからプラザ合意を経て、その体制はどんどん変容していきました。で、現在はブレトンウッズMARKⅡという呼び方があるらしい。

3月2日、三○総研での記事禄作成アルバイト

後援者はド○ツ銀行のお方で、普段あまり接しない金融・経済の話を聞きました。

おもしろかったのは、この『ブレトンウッズMARKⅡ』という初めて聞く話でした。正直、「へえ~!」って思った。だって、初耳ですからね。そういうのがはやってるなんてって思ったし、金融経済の話だけど、国際政治にも十分、重要な話だった。国際政治経済学の重要性を改めて感じました。

そのブレトンウッズMARKⅡですが、その論理の概要は以下のような感じです。

特徴
1.アメリカ経由の金融経済体制のことで、現在は、アメリカは自ら経常収支赤字となることで、中国を成長させている。
2.アメリカは通貨をペックさせてやっているため、各国の為替安定をさせてあげている。とりわけアジアの変動相場を安定化に寄与しており、アジア・中国の成長を牽引している。
3.アメリカは自ら赤字を出して、他国を安定させているのだから、利益をアメリカに還流するのは当然である。
                    外貨運用
 中国経済「世界の工場戦略」  →     米国経済「世界経済の機関車」
 輸出中心の成長         ←       双子の赤字を伴う高成長 
                   基軸通貨の供給

つまり、一種のアメリカの金融覇権体制および赤字体質とアジアの成長の構造的な関係性があり、アメリカが世界経済を牽引しているというもの。これを昔のアメリカ中心の金ドル兌換性に見立てて、ブレトンウッズMARKⅡと呼んでいるようです。

そして、この構造には日本が入っていないという点も特徴的です。ひとつのJAPAN PASSINGともいえるものだということですね。日本は中国経済を支えるサブシステムとしての役割らしいです。アメリカの興味は中国にあるということです。

そのために日本に求められる問題は

1.グローバルシステムの土俵に入っていない。
2.多大な財政赤字を抱えたまま、資本の供給ができなくなるとまずい。

という2点であり、これを解消しなければならないということです。さらに、日本は「購買力平価の天井」を有しており、それによる「円の足枷」があるといった話やら、強い円の不必要性など、明治期からデータ中心に解析していく手法はさすがと思った。こういった視点を国際政治を考える際にも、かなり重要になるでしょうね。この関係性を見ると、中国とアメリカが表面的に対立しても、対立しきれないことがまざまざと分かるからです。

もちつもたれつ、相互依存
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
BLOG移転しました。
2006-03-07-Tue  CATEGORY: 未分類
BLOGを移転しました。

あまりにもSOーNETのBLOGがつながらなかったり、
遅かったり、機能が悪かったので、
イライラして、変えてしまいました。

まあ、しゃあない。

適当にやっていきます。

旧版 http://blog.so-net.ne.jp/ss-man/
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2006/03 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


余白 Copyright © 2005 ぶろぐろぶを超えろ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。