もうちょっとのんびり生きようっと。魅力的なコンサルタントになって、みんなを幸せにしたいです。
ぶろぐろぶを超えろ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
呑んで乗りますか、人生やめますか
2006-07-30-Sun  CATEGORY: 未分類
土曜日はやおふじの納会にOBとしては初参加した。
思ったより人がいなかったんで、寂しかったが、久しぶりに
大学生っぽい生活をしてみた。

SFC周辺はかぶとむしがぶんぶん飛んでた。

で、4年間騙されていたことを発見した。

SFC生なら誰もが知っている。北警察署前のこの看板。

呑んで乗りますか、人生やめますか

それに対する長老の一言

「人生やめるくらいなら、呑んで乗るやろ」

そりゃそうだ!

呑んで乗りますか? or 人生やめますか?


という二択があるなら、

飲んで乗るやろ!!!

4年間、藤沢警察が呑んで乗ることをお勧めする看板を掲げていたこと
にようやく気づいたよ。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント4
英語力↑TOEIC
2006-07-27-Thu  CATEGORY: 未分類
会社で受けたTOEICが帰ってきて、まじびっくりした!

870やった。

想像以上の高得点。自己最高点を大幅に更新。

めっちゃうれしい!

4月から英語付けになってたこと、カナダに行ってたことの意義が
ありました。

前回、600点代後半に点数が激べりしてから、この短期間の200点UP
英語は集中的に頑張れば、短期間でも上げられることがわかったよ。

実際、俺のカナダでの英語学習は、ほかの人の数倍の速度で上達してた
という自信がある。英語の勉強の仕方にも自信があった。

カナダに行った初めは、ELSの体験入学で、intermidiateのlowという
レベル判定を受けた。中の下だ。ひどいもんです。

でも、2ヵ月後にはpre-advanceと判定されていた。これは上から二番目
のステータスだ。たった二ヶ月で、そこまでいった。
普通の人は、pre-adovanceに行くのに半年から~1年を要していたし、
実際、同じレベルの人は1年くらいカナダに住んでる人だった。


カナダにはESLという語学学校がたくさんある。文法から会話まで
幅広く行う。英語学校で、だいたいみんなそこに行く。

俺の英語は

そういう学校には行かない

ということら始まった。

なぜなら、既にTOEIC700点台だったので、文法やら幅広く
やるのは時間とお金の無駄だったし、自分ので出来るものは自分
でやればよかった。

なので、俺はカンバッセーションクラブというNOVA形式の会話
学校を中心に勉強した。とってたのは、ライティングと発音と会話
という現地でやるべきもの、自分だけではできないものに限定した。

またお金も節約できた。ライティングや発音は一月に180ドル~150ドル
くらいだし、会話も一月200ドル~300ドル(ワンツーマンを増やすなど
で変化)。一方で普通のESLスクールは一ヶ月1000ドル。

まあ、こういう学校で、会話とライティングを特にとってやって、
あとは自分で勉強してたし、朝リスニングを30分から1時間繰り返した。

また、会話とライティングは、授業+暗記を自己でやった。暗記は
英語本文をいろいろと丸暗記する。そして、それを授業で実際に使う
という作業。膨大なライティング枚数と、会話演習を2ヶ月間で埋めた。

まあ、こんなことしてたのが結果として出たっぽい。
点数低かったらどうしようかと思ったけど、これで夢の900点台が現実
として見えてきたわ。

どうでもいいけど、どっかのジャニーズのCMで歌ってる

What's going on~

の発音の悪さが気になってしょうがないのは俺だけかな。。。

ページトップへ  トラックバック0 コメント4
主人がオオアリクイに殺されて1年が過ぎました。
2006-07-25-Tue  CATEGORY: 未分類
という題のメールがきた。明らかにスパムなのだが、興味をそそられるタイトルである。

こうくるか!?

って感じしませんか??

内容が気になりませんか?

いつもなさ、即効ゴミ箱行きのスパムですが、今回ばかりは
内容が気になった。どんな内容なのか???

まあ、それがこのタイトルの意図なんだろうけどね。

誘いに乗って、開いてみる。

ーーーー以下本文ーーーーー

いきなりのメール失礼します。
久光さやか、29歳の未亡人です。
お互いのニーズに合致しそうだと思い、連絡してみました。

自分のことを少し語ります。
昨年の夏、わけあって主人を亡くしました。
自分は…主人のことを…死ぬまで何も理解していなかったのが
とても悔やまれます。
主人はシンガポールに頻繁に旅行に向っていたのですが、
それは遊びの為の旅行ではなかったのです。
収入を得るために、私に内緒であんな危険な出稼ぎをしていたなんて。

一年が経過して、ようやく主人の死から立ち直ってきました。
ですが、お恥ずかしい話ですが、毎日の孤独な夜に、
身体の火照りが止まらなくなる時間も増えてきました。

主人の残した財産は莫大な額です。
つまり、謝礼は幾らでも出きますので、
私の性欲を満たして欲しいのです。

お返事を頂けましたら、もっと詳しい話をしたいと
考えています。連絡、待っていますね。


ーーーーーー終了ーーーーーーーー

普通ジャン!!!

マジがっくし。。。。。
ページトップへ  トラックバック0 コメント4
気分悪い。
2006-07-24-Mon  CATEGORY: 未分類
月曜日。

激しく精神的な負荷が襲った。

ひどく辛い。

精神的重圧に負けそうになる心を支えつつも

会社に言って、頑張ってみる。

ひどく空元気。

ときおり、全てを投げ出したい気分になる。

衝動を抑えながら、必死に普通を装う。



「何も信じられない」という言葉が

「頑張ってるけど、無駄だね」という言葉が

頭を駆け巡って、必死に抵抗する。

そんなことはないと言い聞かせる。

でも、結局、人は一人でしかない。

信じれば裏切られて傷つくのは自分自身。

何度も繰り返して、

心をすりきらせてきて、

もうすりきれないほどにやせ細っている。

もろい。

ひどくもろい。

自分の精神の弱さを改めて実感する。

そうだ。

一人でしかない。


ページトップへ  トラックバック0 コメント1
難民
2006-07-24-Mon  CATEGORY: 未分類
難民FILMの上映会にスウェーデン大使館にいってきた。
すごい久しぶりにあう友達と再会できたり、難民関連の人たち
のちょっとした議論があっておもしろかった。

でも、難民にたいする認識を日本で高めるという目的は
あまり果たせてないかも。

みんな最初から興味がある人しかこないし、このせまさじゃね。

難民は何が悲しいんだろ。

気づいたら、祖国を追われたり、

気づいたら、他から無視されていたり、

自分達が、軽視されていたり、

見てもらえないからなのかな。

人は他人から見てもらえて、自分を知ってもらえて、自己を自覚できる。

誰しもが誰かに愛されたくて、誰しもがつながりをもとめているんだろう。

俺も、最近は社会に出たから、つながりを続けるのが難しいから、いろんな人とのつながりを大事にしようとおもってがんばってる。

俺は連絡が途切れがちで、疎遠になりがちなタイプだ。

ほっておくと、友達との連絡先もとぎれて、音沙汰なしになってしまう。

そういうのは良くないと思って、がんばろうと思ってる。

思っていても、

最近、それは俺だけなんだなって思わせられて、

だんだんやる気がなくなってきてしまった。

もういいや。。。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
俺ってやせてるって?
2006-07-17-Mon  CATEGORY: 未分類
固定観念。偏見。それは物事を初めから決めてかかるという弊害。

そうだ。おれは常にやせている。細いというイメージが付きまとう。

ある人は会うたびに言っていた。

しばしん、また痩せた?

カナダにいたころ韓国人の友達が言っていた。

did you lose your weight?

んなわきゃねえ!!

俺の体重は常にベスト体重だ。173センチ、55キロだ。誤差+-2キロ
で、高校のころから変わってねえ。

太りもしねえが、やせもしねえんだよ!わるいか!!

そんな俺の大学でのクラスでのあだ名は「もやし」として親しまれていた。親しまれまくっていたので抵抗すら出来なかったがw

肌白いし、痩せてるから、もやしっこって感じである。

偏見である。

俺は人より身体的に勝っている部分を結構もっていると思う。



中学の時点で1500mmで4分台だった。

学校のマラソン大会では常にベスト4には入っていた。

跳び箱では前転とびとかできてた(今は知らん)

懸垂は10回は軽く超える。

球技は全面的にへたれだったw

毎日腹筋してるので実は腹はかたい。

ジムに週2回は行くので、実は筋肉が他人よりはある。

握力は測ると50キロを超える。

・・・・・

まあ、確かに球技やると運動神経ねえやって思うけど、
基礎体力系はかなり高い気がするんだけどね。

それでも偏見はぬぐえないのである。

ページトップへ  トラックバック0 コメント5
変わることを決意
2006-07-16-Sun  CATEGORY: 未分類
誰しもが欠点を持っていて、誰しもが良いことばかりを経験しているわけではない。自分にとっての欠点は、今後どのような場面においても弱点として付きまとうような欠点でもある。

人が自分のだめな点を直すということは非常に難しく、時に痛みを伴うものであり、覚悟が必要だ。それでも直さなければならない、克服しなければらないことが自分にはある。精神的なものであればあるほど、それは難しい。

そのためには、自分の欠点とその中でのポジティブな面をしっかりと見極めないといけない。

俺の欠点の多くは精神的なものだ。自分に自信がないとか、傷つくことを恐れているとか、物事を後回しにしてしまうだとか、そういったことから、自分の過去を振り返りすぎる。

そうして、くよくよしている内に気づく。昔から変われない自分がいることに。

自分が変わるためには、自分が最も苦手としている行動を行わなければならないだろう。それは、自分が嫌いだと思っている行動でもあるし、傍から見ればばからしい。ことだ。

しかし、それをすることによって、自分の内面を変えられるかもしれないと思っている。

精神修行

みたいなものが必要なのだ。それは自分自身を強くするためのものであり、これから先に自分の能力を向上させたり、自分自身に幸福感を与えるために必要なのだ。

必要なのは自分を否定してはいけないことだろう。

強くならなければならない。

強くなって、これらの過去に打ち勝たなければならない。

それをできるのは自分自身だけなのだから。

自分から行動しなければならない。

そうして、自分自身を変えることができたなら、

もう大丈夫だと思えたなら、

きっと、しっかりと振り返ることができるだろう。

過去を無理やり閉じ込めて、心を自分から痛めるのはもう辞めにしよう。

そうしたら、ちゃんと目を見て、これまでのことを自分の言葉で
伝えようと思います。
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
国際政治学におけるNGO
2006-07-16-Sun  CATEGORY: 政治・社会への雑感
NGOについて考える機会があったので、日記にしてみた。以前にNGOに対する批判的なコメントを発したので、今回は普通に肯定的な部分として、1990年代からNGOの国際政治上の位置づけをまとめる。


1990年代からのNGOの基本は、リオデジャネイロで行われた地球環境サミットを契機に、NGOがより重要なアクターとして認知されるようになったということです。多数のNGOがサミットに直接ないし間接的に参加し、サミットに平行したNGOフォーラムの開催を行ったことで、NGOのネットワーク化と各国からの認識が強まりました。

次に大きな出来事として、対人地雷撤廃条約の採択におけるNGOの活躍があげられます。長年、地雷禁止の議論は政府間協議にゆだねられていましたが、遅遅として進みませんでした。それに嫌気がさしたNGOが国際的な対人地雷撤廃キャンペーンを展開し、それにカナダ政府が協力することでオタワプロセスと呼ばれる交渉の末、1996年にNGOの提起によって始まった対人地雷撤廃条約が採択されることになったのです。


この2つの出来事はNGOが新たなアクターとして役割が大きくなってきたことを意味し、1990年代にNGOが注目されるようになったのです。

第2のグローバル化におけるNGOの役割についてに移ります。

グローバル化におけるNGOの役割というのも基本は1990年代のNGOの躍進と背景を同様としています。NGOの役割が注目されたことで、グローバル化においてNGOがどのような役割を担うのか、グローバル化においてNGOの役割が重視されていっているといったような位置づけで扱われることが多いです。

とりわけグローバル化におけるガバナンスを扱ったグローバルガバナンスでは、ローズノーを初めとして「権威の委譲」という言葉が頻繁に用いられます。これはそれまでは国家だけが権威、つまり主権を持っていたという認識から、地域機関やローカル機関、しいてはNGOや国際企業に権威が移転しているという主張です。NGOが国家の役割を補完し、グローバルガバナンスの重要なアクターとなっているというのが共通した考えのようです。

このように1グローバル化におけるNGOとはグローバル化が起こしうる様々な問題に対処するためには国家だけでは対応できないため、NGOの役割が重要なものとなっているといったものです。

こうした議論は基本的には、これまでの国際政治学に対する批判的な意味を持っているものが多いようです。つまり、これまでの国際政治学は国家を主アクターとして扱い、それ以外を軽視してきました。しかし、非国家アクターの台頭や国家だけでは扱うことができない問題群の登場によって、こうした国際政治学の欠点を指摘し、それを超えていく必要性が唱えられるようになったのです。その一つの現象として、グローバル化におけるNGOというのが研究対象として注目されるようになったともいえるでしょう。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
IT業界?ってなんぞな
2006-07-15-Sat  CATEGORY: 未分類
IT業界って何でしょうかね。

どうやらうちの会社はIT業界らしいのだが、コンサルタント業界として就職では紹介されてるんですよね。なんで、基本はNTTデータとかマイクロソフトとかオラクルとかと同時に受けるようなIT業界志望はあまりいないはず。

ITコンサルタント企業の中で、現在13万3000人だか、それ以上の人間が働いている当社は、名実共に世界最大規模のIT企業。

ていうか、人数規模が全く想像できない。ちっちゃい国くらい人がいるらしい。

そんな会社に入社してから2週間がたちました。

未だにお金をもらいながら、授業を受けている感覚がありありで、社会人感覚がうまれてこない。

業界にもピンとこない。

コンサルタントにもピンとこない。

自分の仕事にもピンとこない。

これから、どうなるやら。

とりあえず給料が待ち遠しい今日このごろ
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
北朝鮮の矛盾
2006-07-12-Wed  CATEGORY: 未分類
北朝鮮が日本の敵地攻撃論を非難ってなんでやねん!

>北朝鮮の弾道ミサイル発射を受け、日本として敵基地攻撃能力保持を>検討すべきだとの考えを示したことを報じ、「日本の再侵略の野望が>どれほど危険な水準に至っているかを改めてはっきりと示している」>と非難した。


あんたら言ってたジャン。

ミサイルの発射は自主権に関わるものであり、他国からどうこう言われる問題ではない

って言ってたジャン!

別に日本が敵地攻撃持てとは思わないけど、

それはなくね?
防衛のための自主権は文句言われる筋合いないんでしょ??

じゃあ文句言うなよ

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
黄色いラーメン的生物が大量発生
2006-07-09-Sun  CATEGORY: 未分類
してるんです。最近、家の前に!!

これがキモイのなんのって・・


ミミズなんてかわいい気がする。

とりあえず、たぶんヒルの一種だと思うんだけど、

黄色くて、幅は1センチくらいなのに、体長は30~50センチくらいまでにびるんです。ヒル系なので縮めるんだけどね。

一言でいうなら、

動くら~めん

マジきめえ!!

こいつは、今までも山とかにときどきいたんだけど、大体1,2匹なんですよ。きもいけど、まあ1,2匹なら許せる。

しかし、現在、こいつらが家の前の道路わきに数十匹いるわけ。。。

数十匹ですよ。車によって、つぶれてるやつもいるし。。。

全部あわせてどんぶりにつめたら、動くラーメンがまじでできそう。。。

一体何なんだ。コウガイビルと呼ばれる種類の気がするんだけど、よくわからん。

誰か、なんとかしてくれ!!

ページトップへ  トラックバック0 コメント4
NGOって本当にいいのか?
2006-07-08-Sat  CATEGORY: 未分類
ってときどき思ったりしませんか? 

引用(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060707-00000205-kyodo-soci)
国際人権団体アムネスティ・インターナショナル(本部ロンドン)は7日、日本の死刑制度についての報告書を公表し「突然、秘密裏に執行される。死刑囚は常に処刑の恐怖の中で生き、毎日、その日が最期の日になるかどうか分かることはない」と批判した。

俺が普通に思うのは、批判もあるだろうけど、「死刑囚は死刑の恐怖の中で生きること」っていう制裁を被害者は求めてるのではないかということ。そういう苦しみを味会うべきなのが死刑囚なのではないかということだ。

連続幼児殺害犯人の宮崎勤は死刑になったあとに、初めて死刑を意識した内容の手紙を席巻している教授に書いたという。

死刑を宣告され、その恐怖に向き合うことで、初めて彼に罪というか、苦しみを受けさせることができたとも言えるのかもしれない。

まあ、死刑が犯罪抑止にならないとか、冤罪はどうするとか、国が人を裁く権利はないとか、死刑反対派の主張も分からんでもないが。日本は死刑肯定的な国である。俺も死刑があるべきだと思うし、そう思ってる人は多いんじゃないかな?

アムネスティが批判する内容は、犯罪者の人権に立った内容で偏りがかなり見られる。重視すべきは被害者だろう。そして、被害者はたいていにして死刑を望むのである。それが心を癒すことがないと知っていてもだ。

アムネスティは彼ら被害者との対話がたりないのではないかな。死刑反対主張するためには、それは被害者との対話で、彼らを納得させる理由と説明の努力が必要だろう。

これは同様にグリーンピースなどの過激な団体にもいえる。なぜ鯨を食べていけないのか、「鯨は頭がいい」という偏見的な答えを強調する。

NGOは偏っている

というのが実態ではないのか? と思われるのだ。

身近な人を見てほしい、あなたのNGOに参加している人は一般人ですか?

少し変わった人ではないだろうか

確かに、彼らは情熱を持って様々な問題に取り組む熱心な人が多いし、正義感も強いし、自己犠牲心もほかの人よりもっている。だからこそ、NGOという特別な活動ができるのだ。

だからこそ、
変わり者なのである

大学時代の勉強で、国連におけるNGOの関わりを勉強したことがあるけど、だいたいこういった感じで、

国連とNGOとの関わりを強化することが国連とグローバルガバナンスの民主化につながる

みたいな主張がある。

しかし、変わり者であるNGOは一般人とは価値観が異なる場合がある。そうした一般的な価値観とは違うNGOだけで民主化といえるのだろうかということだ。

一般的な市民とNGOの間には隔たりがある。これは動かしがたい事実だろう。なぜなら彼らはNGOという特別な活動に従事するちょっと変わった人たちだからだ。

これはNGOのジレンマではないだろうか

一般人に彼らは彼らの活動と、国際的な取り組みへの啓蒙を求めている。しかし、一般人は彼らと異なる思考を持っているため、それが難しい可能性がある。

冒頭のアムネスティとかをあげるなら、やっぱアムネスティに参加している人を見てると、ちょっと異常だからね。。。引きますよ。

ああいうの見ると全く活動が好きになれない。

NGOの目的自体はよいと思うけど、自分自身は参加する気にならない理由はこの辺りにあるのだろう。

つまり、それをやっている(一部の)

人達の異常さについてけないから
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
メールと人間性との関連性
2006-07-08-Sat  CATEGORY: 未分類
メールからある程度の人間性が見えてくると最近思う。何が見えるのかというと。

1.仕事の出来・不出来
2.人間関係力(性格なども)

の2つではないかと思っている。

第1の点に関して、

仕事が出来る人間はメールの返信が早い

というのがあげられる。その理由としては、第1に仕事ができる人はメールをすぐに返信する、つまり、仕事をためない。時間を無駄に使わないということだ。

概して、仕事が遅かったり、やることをダラダラする人はメールの返信やメールによる連絡が遅い。

「まあ、あとで返信すればよいか」

という油断が、メールの返信という小さな仕事を後回しにし、自分のタスクを増やしていく。さらに、そうした傾向はメールだけにとどまらず宿題や、会社のタスクも、「まあ、まだ時間があるからいいや」といって後回しにしがちになる。こうして、どんどんどんどん仕事がたまり、

仕事が遅いし、勉強もしない=出来ないやつの出来上がりである。

それに対して、仕事ができるやつは、すぐできることは、その場で終わらして、仕事をためない。メールがきたら見たときに返信することが一番手っ取り早い作業だ。こうした小さな心がけが全体の仕事の速さにつながるのである。概して、こういうタイプは時間管理がうまく、忙しくとも仕事をこなすのである。

第2の視点、人間関係力

概して、人間関係が下手なやつはメールも下手である。基本、用事があるときにしかメールを使わないので、自分がメールをすることも、自分にメールがくることも少なくなりがちになっていく。こういう人は、実生活においても、気軽に休みの日に連絡取り合って、友達と遊んだりとかが少ない傾向がある。

対して、社交性が強い人は、メールとか電話とかを頻繁に使う。用事がなくても気軽に使うし、たくさん使っているから話題も豊富で、やり取りもうまいのだ。こういう人はちょっとした人間関係も広く保つことができているので、モテたりもする。

と、メールからだいたいこんなことが分かるのではないかと思う。

俺はというと、

2番目ですね。



追伸:冗談が通じない人間は迷惑千万だ。
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
社会人生活が始まったらしい。
2006-07-03-Mon  CATEGORY: 未分類
らしいというのは実感がないから。ってまたかい!

どうやら、本日付をもって社会不適合者と謳われた柴田真吾氏が社会人としての一歩を踏み出した模様です。

身分:アクセンチュア株式会社、アソシエイト
所属グループ:ガバメント

とりあえずこれちゃんと一緒に行く。だって一人じゃ不安じゃないw

入社式という式を想像したが裏切られる。

今日は入社式というなの説明会でした。ずっと入社書類とか社内情報・規則の話を聞いているだけ、

まじタリイ!!

ああ~

なんか新しいITビジネス学校に来たみたいで、社会人感覚がまったく生まれないよ。周りのみんなもそうみたいだ。ちょっと時間がかかるなこれは。

今度のTOEICで800越えられるかな。最高が700後半だからな。しょせんは。

JAVAのテストだりいな。まじだりいな。

勉強しないとな。とりあえず新しい仲間たちもできたみたいだし、
一流のコンサルタントとIT屋の両立を目指しますよ。どっちかに特化とかいうのよりも、

スペシャリスト*2を目指す

そんな目標をたてつつ、

とりあえずは、TOEIC900点とシスアドでもとりますわ。

ページトップへ  トラックバック0 コメント8
学生時代のおわり。
2006-07-01-Sat  CATEGORY: 未分類
SFC七夕祭に行った。なんか同窓会みたいに結構知り合いが来ていてうれしくなる。そんな1日でした。

今週は同窓会だれけです。金曜日は本厚木でくらしてるPG某氏の宅へ遊びに行く。働いてるんだね。っていう感じがした。

クーラーなくてサウナみたいでしたが
楽しかったよ。

あちい、あちい、ずっと言ってたけど。


みんなでご飯を食べた後、ケーキが出て、友達の一人の誕生日を祝う。6月が誕生日だったらしい。

あれ?

俺も昨日誕生日だったような。。。

と思ったが、忘れられていたので言えず。妙な気分。


日にちを変えよう


で、ここが本厚木だったので、みっ○ーに連絡とって、次の日は七夕祭に行くことにする。

GO TO SFC!!!

いやあ~まさか、ひ○まと、しん○くんまで来るとは思わなかったから、びっくり!なんか久々にみんなに会えたって気がした。

SFCMUNもクレープいっぱい売れてて、大丈夫そうで安心。頼もしかった。

学生って自由でいいね

って思う。社会人とは全く違う存在だ。もう、自分にはないんだなって思ったら、ちょっとだけさびしくもなった。


そこからしばらく、学生時代を回想する。

思い出したのは2年前だった。何をしていただろう。

SFCMUNでダーツをやっていた。やおふじでカレーを作っていた。

俺はそのとき、幸せだった。いろいろな意味で。

そのころの自分は久々の感情にひたっていたのだろう。

将来は大学院に行くつもりでいた。

就職をするつもりはなかった。

でも悩みもしなかった。

だって一人じゃない気がしたから。

3度目の正直だと信じていたから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

GREEの中で見つけた言葉

みんなからの誕生日コメント

そこから過去をたどった2004年

見つけた言葉が胸に刺さった。



「これからもよろしくお願いします」



よろしく出来なかった。それが2年後、2006年の姿だった。

2年前はこんな2006年は考えもしなかった。

就職を控え、

そして、自分の中から一つの記憶を消すことに必死になっている自分がいた。気づかないふりをする。視界から消去する。笑うことで感情をごまかす。大切だった記憶。大好きだった記憶。それでいて、一番くだらなかったむなしい記憶。




さようなら学生生活。
そして、さようなら。。。

ページトップへ  トラックバック0 コメント4
<< 2006/07 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


余白 Copyright © 2005 ぶろぐろぶを超えろ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。