もうちょっとのんびり生きようっと。魅力的なコンサルタントになって、みんなを幸せにしたいです。
ぶろぐろぶを超えろ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
理解はしているけど、気持ちは違う。反省もしているけど、後悔はしていない。
2008-08-25-Mon  CATEGORY: 未分類
全部理解しているから、相談しにくいらしい。
そうね。理解しているからね。
物事を理解するのは得意ですからね。w




頭では、理解している。

俺は他人の恋愛の相談に乗るのは得意なほうだと思う。
こうした方がいいとか、ああした方がいいとか、これはもう無理だとか
冷静に判断することができる。
でも、それって自分では違うみたい。

全部、分かっていました。

彼女が来ないなんてことは、冷静に分かっていました。
もう、嫌がられていたし、興味さえもたれていなかった。
それはここ数ヶ月のメールのやりとりで、十分気づいていた。

そもそも2年前の12月の時点で終わっていたし、
それから連絡取るのも、やめとけという感じだろう。

最初は冷静に、新潟に行くことなんてしないって
もう終わらせようと思っていた。
もう無理だと分かっていたから。


でも

頭で分かっているのに
胸のあたりに、何かもやもやがあって
そいつが、熱くなっていって、止められませんでした。

ずっと、我慢してました。
振られてから、他の恋を懸命に探して、
無理して、いろんな子に連絡をとってみて、出かけたり、
付き合ったりとかしてみて、忘れようと必死だった。
年の違い、距離の違いから、自分から彼女を求めるのは恥ずかしい気もしていた。


2年間、無理やり気持ちにふたをしめてただけだった。
急激に気持ちが抑えられなくなり、冷静さはどこかえいった。
来ないなんて分かっててた。
これをしたら、嫌がられるだろうとも分かってたけど、
覚悟して、行くことにした。

反省はしています。彼女には迷惑をかけてしまった。
でも、後悔はしていません。
このまま、ずっと遠慮して、ぶちあたってこなかったまま、忘れ去れるくらいなら
一度、全力で伝えに行きたかった。
行かなかったら、きっとすごく後悔していると思う。
だから、行った事を後悔していません。




ハネた髪のまま飛び出した 今朝の夢の残り抱いて
冷たい風体に受けて どんどん商店街を駆け抜けていく

「届くはずないとか」つぶやいても また
予想外の時を探している

どうか正夢 君に会えたら 何から話そう笑ってほしい
小さな幸せつなぎあわせよう 浅いプールでじゃれるように
ずっとまともじゃないってわかってる

八つ当たりで傷つけあって巻き戻しの方法もなくて
少しも忘れられないまま無理やりふたをしめた

デタラメでいいから、ダイヤルまわして
似たような道をはみ出そう

どうか正夢 君と会えたら 打ち明けてみたい裏側まで
愛は必ず最後に勝つだろう そうゆうことにして生きてゆける
あのキラキラの方へ登っていく

どうか正夢君に会えたら 何から話そう笑ってほしい
小さな幸せつなぎあわせよう 浅いプールでじゃれるように
ずっとまともじゃないってわかってる
もう一度キラキラの方へ登っていく
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
出雲崎の流れ星への願い
2008-08-13-Wed  CATEGORY: 心の声
流れ星ってめったに見れないと思われがちだけど、星が良く見えるところで
ずっと夜空を眺めていると、1時間に数個は流れているのが見えるのです。
ただ、みんなが夜空を見ていない、見えないだけで、一晩で無数の流れ星が流れている。

土曜日から月曜にかけて、新潟に行ってきました。土曜日の夜に長岡にきて、
日曜日の夜に出雲崎にいました。

出雲崎は、ジェロの海雪で出てくる町で、海と空がきれいなところです。
そこで、夜空をずっと眺めていました。
何十という流れ星が光っては消えて、光っては消えるのをずっと見ていました。
俺は一つの願いをずっと込めていました。

出雲崎には天領の里という海の駅があります。
そこには、夕凪の橋というのがあって、展望台にはカップルがつけた鎖が無数にあり、
恋人たちの場所みたいになっています。


ここは、2年前に昔の彼女に初めて直接思いを告げた場所でもあります。
海で一緒に遊んで、橋の展望台に二人で行って、彼女の手をとって夕日の中で告白しました。彼女も

「好きです」

と応えてくれて、初めて抱きしめたとき、

「コート脱いできて、良かったな」

ってうれしそうに言ってくれたことを今でも覚えています。

俺は幸せの絶頂って感じで、うれしくてしょうがなかった。
そのときは、その数時間後に永遠の別れが来るなんて、想像もしていませんでした。

http://ssman.blog56.fc2.com/blog-entry-97.html


彼女に振られた理由は今でもよく分かりません。
違っていたのは手をにぎって、ちょっとでれでれしていたのが、想像と違って
急にさめてしまったという感じでしょうか。
でも、本当にドラマみたいな展開で恋をして、幸せの絶頂で別れることになったので、
俺は一人だけ気持ちが取り残されてしまいました。

今までどおりメールしてほしいと言われましたが、
12月に、「これ以上の関係を求められても迷惑です!」と振られた後、
彼女を忘れるために、ほかの女性と付き合ったりと、必死に忘れようとしていました。
結局、今日まで、ずっと好きでいたのはその子でした。ずっと一番でした。

別れた次の年の春くらいから、もう一度メールをしていました。
もう好きではないから、友達としてだからという名目でしたが、連絡を取り続けたかったから。
最初は向こうもいろいろとメールを返してくれたし、一度だけサークルの相談を受けて
電話をすることもできました。

メールは迷惑がられないように、一月に1通、多くても2,3通程度でしたが、
次第に疎ましがられるようになり、返事も来ないことが多くなりました。
もう彼女にとっての俺はめんどくさいだけの存在になってしまったようでした。

今年の夏に彼女は留学に行くことが決まっていました。
俺はこの日までに、もう一度逢いたいという気持ちが強くなっていました。

最後だと思っていました。
留学にいったら、もう2度と連絡もとれなくなるかもしれないし、きっと忘れられてしまう。
そう思うと、だめもとで、逢いに行こうと思いました。

こんなことしても、無駄だと、こんなことしても、気持ち悪わるがられるだけだと
理屈では分かっていましたが、
「もう一度逢いたい、長岡駅でずっと待ってるから、来てほしい」とつげてしまいました。
そして、今週長岡にいました。

土曜日夜にきて、日曜日はずっと駅で待っていましたが、来てくれはしませんでした。
その代わり、メールが一通きて、

「やっぱり会うことはできません。好きではないし、気持ちに答えられない」って

俺は「それでも、明日も待つ」とつげました。

もう無理だとは分かっていましたが、これでだめなら、一生会えないだろうと思っていたので、無理をしてしまった。
そして、日曜の夜、飛び乗った最後のバスで出雲崎にいました。一番の思い出の地だったので、どうしても行きたかったから。

出雲崎から帰って、月曜日も待ちましたが、彼女は来てくれませんでした。
そして、火曜日の朝、彼女から迷惑の一方を受け、帰りました。

最後のかけは大失敗でした。完全に嫌われてしまった。
俺はストーカー扱いされてしまいました。
もう戻ることはないんだな・・・

流れ星の込めた願いはかなうことはないようです。









もう一度だけ、君に逢いたい。


ページトップへ  トラックバック0 コメント4
恋愛に
2008-08-02-Sat  CATEGORY: 心の声
年齢って関係あるのかなあ
ページトップへ  トラックバック0 コメント3
<< 2008/08 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


余白 Copyright © 2005 ぶろぐろぶを超えろ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。