FC2ブログ
もうちょっとのんびり生きようっと。魅力的なコンサルタントになって、みんなを幸せにしたいです。
ぶろぐろぶを超えろ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
いろいろと助けていただき、ありがとうございました。
2008-12-30-Tue  CATEGORY: 心の声
今年はいろいろと激動でした。いろいろと心配をおかけしてすみません。
また、いろいろと助けていただいたり、励ましてくださった皆さんには感謝しています。
ありがとうござました。

自分が今年したこと、知ってしまったことを後悔はしていません。
ブログにいろいろ書いてしまって、相手に対して失礼だったとは思います。
ですが、彼女自身がこのブログを見ていることを知って、彼女自身にもちゃんと自分のした行為を見つめて欲しかったという気持ちがありました。
私の立場を分かって欲しかったという気持ちがありました。


彼女はずっと自分が被害者で、私が悪者だという扱いをしていました。
それが悔しくて、悲しくて、自分には耐えられませんでした。
どうしてそういう風にしか考えられないんだろう?って


この恋愛の始まりは彼女自身からでしたから。


2年前、長岡のディスカッション大会で、同じグループになって、仲良くなったのがきかっけでした。彼女曰く、「なんて先輩の声に似ている人なんだろう」って思って、当時すきだった相手と重ねるようになったのはその時だったのでしょう。

彼女はその大会の最中、いつも私のそばにいました。当時、私は「すごいなついてくるなあ。俺に好意でも持ってるのかな?」って思っていたくらいでした。

大会の終わりに彼女からアドレス交換を求められました。そして、最後に駅で彼女と別れて、新幹線に乗って帰るときには、案の定、すぐにメールがきました。
その日から毎日メールがくるようになりました。
仕事が終わるころになると「お疲れ様です!」って、毎日くるようになりました。
次第にそのメールを楽しみにしている自分がいました。
仕事をはじめたばっかりで、当時はあまり上手くいってなくて、悩むことが多くて、忙しくて、
彼女のメールに癒されている自分がいました。

次第に電話もするようになりました。
「柴田さんの声っていいですね。ねむくなっちゃいます。」
電話をしようかっていうと彼女はとてもうれしそうだった。
「早く明日にならないかな。待ちくれないです!」ととても楽しみにしてくれました。

気づいたら、彼女とのメールや電話がかけがえのないものになっていました。
毎日が楽しくて、彼女とのやり取りさえできれば、それだけで良かった自分がいました。
こんなに自分を想ってくれているのが、とてもうれしくて、その時にはもう彼女を好きになっていました。

正式に付き合おうとは言い合ってなかったけど、クリスマスに彼女が東京に来るという約束をして、彼女の誕生日を祝うという約束をして、自然に恋人のような関係になっていました。

長岡に行ったのはこの頃でした。

その理由は、早く彼女に会いたかったから
早く彼女の気持ちに応えてあげようって想ったから
きっともっと幸せになれるって信じてたから


こんなことになるなんて、思いもしなかった・・・・



私の声を好きな人に重ねて、私のことを好きなような態度をとって好きにさせて、途中でむなしくなってやめたと言うのが、彼女が伝えてきた事実でした。


結局、最後まで彼女からは「ごめんなさい」の一言も言われることはありませんでした。
ずっと、私を「しつこい男だ」とか、「終わったことなのにいろいろ言ってて、ひどいやつ」とか、そういう態度をとっていて、自分が被害者だという態度でしかありませんでした。

私が一方的に想いをよせて、しつこく言い寄っていたり、
ちゃんと分かれたのに、しつこく言い寄っていたりしたなら分かります。
でも違うのです。

私は彼女のことを最初は何とも思っていなくて、彼女の気持ちに次第に動かされて、好きになってしまったんだから。

一番相手のことを好きになっている付き合うことになった日に、次に会えるのはいつだろうってすごい楽しみにしていて・・・ ただずっとその日がくるのを信じて待っていただけなのだから・・・

ゆっくりと答えを出していく仲でありたいっていう彼女の言葉をずっと信じていたのだから。

こんな扱いはないですよ・・・


いつか、彼女がもっと大人になって、改めてこの恋愛を振り返ったときに、せめて、あの時は悪いことをしてしまったなって、そう想ってくれる日がきてくれることだけが、私のこの行き場のない気持ちが報われるのかなって思っています。今はまだ彼女は自分が被害者だってことしか考えていないでしょうから。


辛い時期はいろいろな人に相談して、助けていただきました。
全然見知らぬ人からも、たくさん応援のメッセージをもらったり、励ましていただきました。
今は大分立ち直って、普通にすごせるようになりました。
本当にありがとうございました。


スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2018/11 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


余白 Copyright © 2005 ぶろぐろぶを超えろ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。