FC2ブログ
もうちょっとのんびり生きようっと。魅力的なコンサルタントになって、みんなを幸せにしたいです。
ぶろぐろぶを超えろ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
子供たちへの支援
2009-10-21-Wed  CATEGORY: 政治・社会への雑感
休日の西武新宿駅に、募金箱を持った子供たちが声をあげていた。
親を失った遺児に対する、募金を求めていた。

貧困を理由に進学をあきらめる割合がかなり高いというニュースを最近みた。
また、国内の貧困率がOECDで高いグループにいることが厚生労働省より発表された。
日本国内の貧困状況は深刻だ。

遺児になると、中学を卒業すると高校もいかずに働きにでることが多いらしい。
彼らは、進学をあきらめないためにも支援をお願いしますと訴えている。
土曜日と日曜日のどちらにも彼らは立っていた。

民主党が子供手当てや、高校の授業料の無料化などの大盤振る舞いをして、
批判していた赤字国債の増発をしかねない状況になっている。
高校の授業料無料化のかげで、民主党は高校生に対する奨学金は切り捨てたらしい。

全員一律に対する支援と、
遺児や学校にいけない人への奨学金制度の不備の
間で不均衡が生じているような気がする。

子供手当てで誰でもかれでもお金を渡すことが果たして、日本の子育てをよくするのだろうか。
一方で、学校にいけない人に対する支援は何もはじめていない。

大きなことを言って、小さなことを捨ててしまう。
それで良いのだろうか。

いろいろな疑問をうかびながら、彼らの募金に協力する。
そんなささやかなことでは解決できないのだろうなとも思うけど
一つ一つが大切に成るのだと信じたい。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2018/11 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


余白 Copyright © 2005 ぶろぐろぶを超えろ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。